トップ 最新 追記

JA9AOB 時々ボヤキの日記

2015|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|09|10|11|12|
2020|03|04|05|07|

2016-11-02 早くもRTTYの相手が飽和状態に成ってきたようです

_ 昨今はコンデションの関係もあり7MHzのRTTYを主体に運用してきましたが、最近、固定局は、お馴染みさんが増えてきました。SATやJT65も同じ現象でしたが、運用者が限られているので、すぐ飽和状態に成ります。後は、移動局頼みとなってしまうのですが、RTTYも同じ傾向の様子が見えてきました。さて、しばらくは、移動局の追っ掛けに専念する事になりそうです。RTTYのWanted情報も公開しなければいけないかな?。でもまだJCC-100(RTTY)程度なので、もう少し進捗しないと、厚かましい思いがするしなあ。


2016-11-06 久々の遠征局の追っ掛け

_ 四国徳島県内への移動局、SAT及びHFローバンド中心の遠征の追っ掛けでした。5日(土)は、SAT一カ所1.9MHz2カ所が狙いだったが、運良く1.9MHzの場所は夕方だったので、予定通りGet出来ました。しかし6日(日)はSAT2カ所1.9MHz1カ所が狙いだったが、さすがに、タイミングが悪くこちらの1.9MHzは何とか聞こえるものの、応答がQSBの谷になって、確認出来ず。どうも、やりとりのタイミングも合わず、相手は3.5MHzに移動。再度戻るのを待ったが、やはり、9時に近いこの時間帯では無理だった。取り逃がした、魚は大きいと言うが、その気分であった。1.9MzはANTがどうしても長くかつ夜間少なくとも日没後でないと難しい条件が付くため、移動運用も限られてしまうので、今回の移動はおお助かりでした。それだけに、貴重なチャンスを逃した落胆も大きいものでした。

SATはこれは、予定通りで、これで徳島県のSATはAJA完了。追っ掛けも結構スリルを味わえるものです。Tks。


2016-11-14 LoTW でのDXCCがやっと11になりました

_ 過去にはDXどの交信も興味をもってやっていたのですが、いつの間にか、国内中心になっていました。JT65モードでの運用など比較的簡単にDXとの交信が可能になったのを縁に、再開しようと、LoTWも登録し、様子を見てきました。思っていたほど、一般のLoTW利用者が少ないように感じました。しかし、ペデション等に関しては、確認や、QSLカード発行要求等便利なツールが整備され、LoTWへのデータ処理が速やかで、これは便利になりました。

JT65モードでのDXはあまり、珍しい所も少なく、紙QSLカードをLoTWの利用者に置き換える感じで、QRZ.comでLoTWが可能かどうかを調べながらの運用を行っています。このモードでも、混信がひどいときがあり、中々届かない事が多い状態です。やはりCWの様にてきぱきと進行出来ないので、歯がゆい思いはするものです。とは言う物の、このコンデションでもこれだけ聞こえて、QSOが可能な事もありがたい事でもあります。何たって、ANTはDPですから。


2016-11-16 SAT のWX-2B WX-2Dのトランス・ポンダーが稼働

_ 久しぶりにSATの情報を調べたところ、表題の衛星が2日ほど前から稼働しているとの情報が在り、早速運用しました。九度山町のお馴染みさんとQSO出来ました。WX-2BはLOS間近で、ループが取れました。どちらの衛星もほぼ同じ400Hz程のずれで安定した状態でした。

話は外れますが、本日午前中に、QSLカードの発送(SASEでのDirectですが)のため、1Hほど席を外している間に、インターネットの接続が出来なく成っていました。おかしいなと思いながらも、IP電話初帰るので、接続プロバイダーとの問題だろうと予測は出来たのですが、よく分かりません。しばらくすれば回復するだろうと思って、待つのですが一向に回復の兆しがありません。インターネットに繋がらないとこんなに不都合かとイライラしながら1Hほど待つのですが、遂に、プロバイダーのサポートにTelする事にしました。

色々指導があって、結果は プロバイダーとの接続時のPWが合致しなくて接続が切れたとの事、に成りました。設定情報を探して、入力し直すことで無事回復しました。ノイズが入ったのかな。終端装置・ルータは停電対策がしてあるし。納得がいかない結果でしたが、回復してやれやれです。久しぶりにルータにアクセスするなど、もう一度メモしておかないと忘れそうです。


2016-11-18 Check_LoTW_User を導入しました

_ LoTWの利用者が意外と少ない事に気がつきました。DXCCの収集に都合の良いのは、LoTWの利用者で有ることは、優位だと思います。紙QSLカードを収集するのは、結構大変で、時間と費用が必要になります。LoTWを使用すれば即または数日で確認出来ることは画期的な物でしょう。相手がLoTW利用者かどうかが、即わかれば、非常に便利になると思い、探してみました。あるある、表題のソフトが現有のHamlogに外付けで動作することが分かり、早速導入しました。Hamlogに相手のコールサインを入力すると、従来は、QRZ.comを起動(Hamlog機能)し、QSL情報を確認していましたが、直ちにLoTW利用者かどうか判定が出るようになりました。


2016-11-23 LoTWでのQSL情報をHamlogに反映する

_ LoTWを使い出して、しばらくすると、QSLが確認されるのですが、Hamlogに反映しないと、交信時に頑張って獲得を目指すのかどうかの判断が出来ません。しかし、LoTWは紙も画像もないので、他のアワードには使用出来ません。私の場合、JCA成る物(異なるサヒックスを集める物)も収集していますが、これは、現物(紙)または画像データのQSLが必要になります。画像データとしてはeQSLも有効(画像だと分かるようにしておかねばならない)なので、QSL受領欄に「E}を使っていました。LoTWとeSQLと両方区分して置かなければ成らないことになります。

1案として、 LoTW単独受領はL eQSL単独受領はE 両方なら F を使う

所が、更に紙QSLが来たらどうする。何が何だか分からなく成りそうです。思案の結果、LoTW受領は印刷済みマークの所に「L」を入れることにしました。これは、QSL発行済みでも印刷する設定が可能であるためここに「L」を設定しておけば問題ありません、また、受領マークでないので従来のシステムにも問題がありません。

方針が決りましたが、LoTWのデータをこのルールに従った受領マークを入れてくれるソフトが見つかりません(受領欄に記入は見つかりましたが)。そうだ、やるしかないか。

これで、DXCCの収集状態が、分かるようになったし、LoTWのADIFファイルを定期的にダウンロードすれば、更新は出来るし。DXCCにも熱が入りそうです。とは言うものの紙で50余 LoTWで20程紙と重複しているので実質50余件何時になったら 100に成るやら。 


2016-11-29 新東名経由で神奈川で2泊東京で1泊してきました

_ 親類の結婚披露宴出席と兼ねて、移動運用を行ってきました。本年の始めは東名のPA・SAでの運用を行いながらの旅行(孫の顔を見)に行きましたので、今回は、新東名のSA・PAを軒並み停車しながらでした。

本当は、もう一つの趣味である、城巡りで、新城市に有る、長篠の戦い関連に行こうと思っていたのですが、疲れの関係で、次回にと思って、新城市の下りPAに立ち寄ったところ、何とそこは、徳川軍と言うか、織田信長の本陣を張った茶臼山の中腹にあることがわかり、一寸足を伸ばしてみました。と言っても、5分ほど登るだけの位置に在りました。次回はゆっくり他の場所も含めて見学したい物です。


トップ 最新 追記

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。