トップ 追記

JA9AOB 時々ボヤキの日記

2015|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|09|10|11|12|
2020|03|04|05|07|

2020-07-14 FT4モードの運用始めましたが

_ ADIFで今まで単にModeとして色んな形式を管理していましたが、あまりに多彩なためか、グループ化して Mode と SubModeに分けて管理する成っています。例えば JT65 をModeとしてSubModeにJT65A、JT65B、JT65C と言う具合です。Turbo Hamlog では従来通り JT65 とする人もあれば JT65A とする人もあります。eQSLやLoTWへはADIFデータでアップロードするために従来の様にModeとしてJT65Aとしても正常に受付られません。と言うのは建て前で旧仕様との互換性で従来Modeとして認められていた項目はそのまま継続して受け付けてくれるようです。ところが、FT4モードはModeはMFSKでSubModeとしてFT4が割り付けられました。新規の場合は互換性は認めないと言う事でしょう、新しい仕様のままの様です。

と言う事で、Hamlogで作成されたADIFファイルを解析しModeを調べFT4であればModeをMFSKにSUBMODEをFT$に変更してやる必要があります。JTDXやWSJT-X等のLogをHamlogに取り込もうする場合、または、eQSL/LoTW からのデータを受け取って受領処理をする際にもSubModeが指定されている際にはこれをHamlogのModeと比較して合致しているかどうかを調べる必要があります。


2020-05-17 AJA の集計 AJAPA5でExcel 書き出し不可に

_ AJA収集の集計を行うには、AJAPA5がないとほぼ絶望的と言う程このソフトに頼っていましたが、ある日突然Excelに書き込み出来ない旨の警報が出る様に成ってしまいました。慌てる事久しぶりの興奮状態でした。趣味の自己満足の世界と言えども、と言う事で悪戦苦闘しました。

現在使用中のExcelはVer2016一般的にはExcel 365 です。

メニュー ファイル → オプション → トラストセンター → トラストセンター設定 → 信頼できる場所 

ここで、AJAPA5のパスを 新しい場所の追加 で追加すれ解決

_ 作者の助言を得て無事解決に至りました。Excelの自動更新に設定しているので、新しいセキュリテイ設定が施されたために発生した問題の様でした。これで、一安心 また続けられるようになりました。


2020-05-15 Esが頻繁にでます

_ 50MHzでのDXがボチボチ入感しています。勿論 近隣国が主体ですが、いよいよシーズン到来です。国内も、昨日は、北海道・九州から始まって、全国的に開けました。久しぶりにCWでも多数の局が聞こえていたのでAJA Newを探しましたが、FT8のスムーズな情報取得に対して、コールを聞き取り、Hamlogに入力して、交信状況をみてコールするかどうかを判断する。この行動が、従来は当たり前の様に思ってやっていましたが、FT8では、即時にこれらの情報が表示可能ですっかりこちらに馴れてしまったので、改めて、FT8の威力を実感した次第です。とは言うものの、CWで運用も多いのでこちらも確認は外せません。それにしても、FT8モードのおかげで、144MHz以上に於いても運用が多く見られるようになってきました。今後が楽しみです。

SATにおいても久しぶりにNew衛星が運用開始されました。一時沢山の衛星が動いていましたが、寿命がきたものが増えたかなと思っていた矢先有難い情報でした。久しぶりの新衛星だったので、新軌道情報の入手や色々設定を行い準備を終えました。静止衛星とまではいかないが、起動がチョッと高い様で開ける時間帯が長そうなのが楽しみです。


2020-04-25 1.9MHz バンド拡張

_ FT8での送信は1.810MHzで運用と成っていましたが、1.8000から1.875までが使用可能に成り、DX局とも交信の可能な1.840が開放されました。75KHzの幅があるのでSSBでも運用可能だとか。にぎやかのなる事でしょう。これからはANTの都合で、1.8MHzが主体に成りそうです。


2020-04-17 Es久々に好調でした

_ 50MHzでもEsが出て、FT8モードで7エリアから4エリアにまでにぎやかな状態と成りました。コロナウイルス騒動の影響か運用者が多い気がする状態で、数局のNewが得られました。


2020-03-31 2M(144MHz) FT8 なかなか です

_ 先般の土日には奈良県・岐阜県等の局と何とかなりました、平日の今日もPskReporterを見ながらやっています。飛行機の情報を見ながら、CQを出しますと、長野県の群馬に近い局で-10dB 東京都で-20dBの情報が見えます。6M(50MHz)よりはチョッと弱い気もしますが行けそうな気になる状態です。今日は中国行の便が良いところを飛んでくれましたが、韓国便が減ったのは痛手です。早くコロナウイルスの件が収束し韓国との交流が元に戻る事を期待しています。


2020-03-26 144/430/1200 でのFT8/FT4等の運用審査終了

_ HFとうでは既に運用していますし、144MHz以上に於いてもJT65での運用は可能だったのですが、やっと全域(1.9MHzから1200MHz)において可能と成りました。144MHz以上に於いても50MHzと同様飛行機による反射が有効なようで休日には結構受信出来ていました。しかし、当地では韓国行の飛行機が特に大型機が有効である事が分かっているのですが。コロナウイルスの影響で便数が減ってチャンスが大幅に減っているようです。

50MHz等では移動運用が増えチョッとコンデションが上がると比較的安定して入感するなど、楽しみな状態になっています。144MHz以上に於いても期待したいものです。


2020-03-08 eQSLのADIF アップロードの処理 API やっと見つけました

_ eQSL のデータをQSO毎にアップロードしていましたが、手動操作のページのFormを使って行う方法を取っていましたが、ある日突然接続拒否の憂き目に会ってしまいました。何やら良からぬアクセスのため、とか言う事が書いてある様ですが、内容はよくわからないで居ました。アップロードは受け付けられて、OUT Boxにも反映されていたのですが。やむなく、手動操作に切り替えていました。コロナウイルスで外出を控える日々、色々調べて見たところ、やっとAPIを見つけました。内容は、専用のページがあり、アップロード時にユーザー名・パスワード等を付して行うだけの事でした。早速変更してアップロード再開めでたし。

EQSL.CC REAL-TIME LOGGING SOFTWARE INTERFACE が見出し。


2019-12-07 WRC19が第1地域のアマチュア業務への50MHz帯分配を承認

_ 50MHz でのDX交信が中々出来なかったのですが、これで、ヨーロッパ・アフリカ局が一般的になり、一気に可能性が出てきました。まだ16エンティティしかGet出来ていませんが、次のシーズンに間に合えば、蜂の巣をつついたような状態をはるかに上回る賑わいが訪れる事でしょう。

楽しみが増える情報でした。


2019-11-25 7MHzでのDX交信順調です

_ 最近7MHzでFT8モードのDXCCが遂に 100を超えました これで14MHzとで2Band の達成です。10・18MHzがもう少しとなりました。このANTで、これだけ出来る事にびっくりです。


トップ 追記

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。