トップへ
戻る
次へ

横バー2

日記

2015年04月30日
能登半島移動
 29日はNHKのドラマに便乗し輪島の朝市等を見に能登半島移動を計画した。例によ
ってXYLのナビゲートである。朝早く出るつもりが、6:30頃になってしまった。前回は高
速利用で行ったのが3.5時間掛ってしまったので、今回は一般道(無料道)で行くことに
した。大野市→勝山市→白山市まで国道157号→金沢山側循環→森本ICを通過して
「のと里山海道」へ出て、能登空港ICから輪島に行きました。なんと4時間でした。10時
半に遅い朝市を1時間ほど見て回り、結局干物を少々買って、珠洲市方面へ向けて海岸
線を走りました。能登半島らしい昼食をと思っていたが、やっと有った道の駅 棚田パー
クや あげ浜塩田 等では無理で珠洲塩田村でイベントをやっていたその会場で「たこめ
し」と「鳥から揚げ」を買って、なんとか遅い昼食にした。珠洲市で近距離QSO(21MHz
〜1250MHz)を行って、中心街を経て能登空港サイドを通過して、「のと里山海道」へ
戻った。なんと、珠洲市から空港までの道路が立派なものである事にびっくりした。幅の
狭い曲がりくねった県道を想像していたが、これが空港効果と思えるものであった。思っ
たより早く、一周出来たので、もう一つの趣味の山城を見て帰ることにした。
 のと里山海道の途中今浜で降りてすぐの、末森城祉と言う所である。信長の急死後跡
目相続で争う中で、秀吉側の前田利家と家康側の佐々成政が能登の国を掛けた争奪合
戦を行ったお城である。成政側から見れば、争奪に敗れ没落の始まり、利家側から見れ
ば、能登・越中をわがものにする足がかりと言える争いと言われている。麓の駐車場か
ら歩いて20分程で登れるものであった。登り時に3人帰りにも3人程とすれ違い結構訪
れる人も多いように思えた。


トップへ
戻る
次へ


横バー2