トップへ
戻る
前へ
次へ

横バー2

日記

2012年05月23日
AJAのカウントがおかしくなった
 AJAの集計にAJAPA5を使用しているが、なぜか7MHzの郡の増加件数が-1件と出
ているではないか。増えても減る事はないはず、AJA-7000 の時は2種類の集計ソフト
(もう一つはHLAWD)を使って確認したが大丈夫だったのに、今回はなぜか違う。
 よく考えると、熊本市が政令都市になっている、集計ソフトの設定を変えなければいけ
ないのだ。しかし、それでも、まだ8件差がある。バンド毎の差を見ると、マスターデータ
先頭の北海道阿寒郡のデータに10MHzを除き一致している事が判明した。AJA-7000
の申請時のデータを見ると、確かに含まれているのに、今回の集計では含まれていな
い。これが原因だがでもなぜこうなるのか。AJAPA5ではHamlogのマスターデータを取
り込んで利用しているようだが、HLAWDは単にLogデータを取り込んで集計しているよ
うなので、この違いが集計の差になっていると見当をつけて、いろいろ試して、マスターデ
ータにダミーデータを追加し削除した所、見事に回復した。マスターデータのインデックス
が混乱してしていたようだ、ダミーデータの追加削減で再編成されて正常になり、結果、A
JAPA5に正常に取り込まれたと推測された。
 後は、10MHzでの確認であるが、エリア別に見たり、都道府県別にチェックしたとこ
ろ、なんと、受領マークを増やしていたのに、これをAJAPA5の設定に追加してない結果
だと判明。これで、すべて解決し、その結果、AJAはCfm 7611件 Wkd 8158件に
なった。
 Hamlogのマスターデータのインデックスの再構築が簡単に出来るようにお願いして置
かねば。


トップへ
戻る
前へ
次へ


横バー2