トップへ
戻る
前へ
次へ

横バー2

日記

2012年05月13日
Es発生とF層の活発化と休日が重なって大にぎわい
 今日午後になってEsが発生し国内通信が大にぎわいした。10MHz〜28MHzにかけ
てAJAのNewが増加しWkdで8107件(Cfmで7601件)となった。国分寺のイオノ・グ
ラムではF層の臨界値も13MHzまで発達していた。このため、Esで長距離がF層で近距
離が聞こえるのか、休日と重なり、久しぶりのにぎわいであった。QSOをしていて、10M
Hz〜18MHzで珍しい現象が起きていた。比較的近く(静岡とか兵庫)の局はエコーが掛
って聞こえるのだ、これは、Esで反射した信号とE層を突きぬけてF層で反射した信号が
その時間差からフワーとした信号になって聞こえるのだと思われる。信号強度も他局に
比べ極端に弱くもないが、それほど強くもない後を引くような信号が聞こえた。勿論遠距
離の局はEsの反射が強くガンガン入っていた。当然今までにも経験していたのであろう
が、あまり気にしていなかったが、DXの時はロング・パスの信号を聞くと同じように尾を
引くような信号であると聞いていた(ロング・パスとショート・パスの時間差が原因)。
 このようなコンデションがこれから現れると思うと本当に楽しみなことである。


トップへ
戻る
前へ
次へ


横バー2