トップへ
戻る
前へ
次へ

横バー2

日記

2012年03月26日
F層が15MHz程度まで発達(沖縄)
 Esと言うよりF層が15MHz程度まで活発化し、沖縄地方の21MHzや28MHzが強力
に入感した。従来ならEsの発達が要因であるが、今年はF層である。これが、東京地区
で観測されれば、国内の14MHzは花盛りであろう、楽しみである。しかし、沖縄の局を呼
ぶ国内局がSは若干弱いがよく聞こえる、バックスキャッターだと思える。JA9EEHが8N
9JARL/9を21MHzで運用していた、彼は3Ele Yagiなのでこちらで聞こえない局も
取っていた、やはりこのようなバックスキャッターを利用するには3ele 程度のYagiは必
須のようだ。Esで14Mhzを超す程の勢いは年に数回であるが、この場合は国内のHF
−Hiは結構楽しめるが、F層では、沖縄や北海道近辺で発達した時のバックスキャッター
が有効となろう。となると、18MHz以上では沖縄向けの固定ビームを向けても結構有効
だと考えられた。18MHz 21MHz 24MHz 28MHzの3〜4EleのワイヤーYagiを計
画して見ることにしよう。超軽量のYagiを考えるか。


トップへ
戻る
前へ
次へ


横バー2